初心者

投資助言業IFAとは?~人生を豊かにするには良いIFAが必要だ~

投資助言業とは、顧客との間で締結した投資助言契約に基づいて、有価証券など金融商品への投資判断について、 顧客にアドバイスを行う仕事です。 

最終的な投資判断、証券会社等の金融商品取引業者への注文の申込みは顧客自身が行います。

投資助言業とは要は、資産運用に関する専門的なアドバイスをくれる人のことをいいます。

投資助言業に様々な種類がありますが、今回は独立系ファイナンシャルアドバイザー、通称 IFAについて説明をします。

IFA とは

IFA とは、Independent Financial Advisor の略で、日本語で独立系アドバイザーのことをいいます。

IFAには様々な特徴があります。まずはIFAの特徴について説明します。

証券会社や銀行に所属していない

IFAの特徴の1つ目は、IFAは証券会社や銀行などの金融機関に属していません。銀行や証券会社に所属していないことはIFAの大きな特徴です。

一般的に資産運用を検討する際は、証券会社や銀行に相談する方が多いと思います。証券会社や銀行の営業員は、豊富な専門知識を持っているので、証券会社や銀行に相談することは決して悪いことではありません。

しかし、証券会社や銀行の営業員は、所属会社のしがらみがあります。証券会社や銀行の営業員は膨大な販売ノルマを張られていたり、証券会社や銀行の都合で販売しなければいけない商品があることが一般的です。

証券会社や銀行の営業員はノルマをこなすためであったり、販売しなければいけない商品を消化するために時には顧客にあっていない商品を紹介することがあります。

しかしIFAは完全に組織から独立しているので真に顧客にあった商品を紹介してくれます。顧客最優先でポートフォリオを考えてくれることはIFAの大きな特徴です。

長期的な付き合いができる

IFAの特徴の2つ目は、長期的な付き合いができることです。一般的なに証券会社や銀行の営業員は長くても5年で異動をします。

相性の良い営業員に出会えても5年という短い期間で異動をしてしまいます。投資で成果を出すには時間がかかります。

長くても5年で異動してしまう営業員に腹を割ってお金の話をするのは難しいと考える方も多いと思います。

しかし、IFAの場合、原則、異動がないので一生涯の付き合いをすることができます。長期で資産の相談をすることができることはIFAの大きな特徴です。

豊富な専門知識があるIFAが多い

IFAの特徴の3つ目は、豊富な専門知識があるIFAが多いことです。IFAとして活動している人の多くが証券会社や銀行の営業経験があります。

証券会社や銀行のしがらみに嫌気がさしてIFAとして独立する人が多いのです。純粋に顧客のためになる提案をしたいと考えている人がIFAになるケースが多いため、一般的にIFAは勉強熱心ですし専門知識が豊富な場合が多いです。

投資のスペシャリストに相談できることはIFAの大きな特徴です。

IFAの具体的な仕事内容

この章ではIFAの具体的な仕事内容について説明します。IFAの主な仕事は2つあります。

ライフプランやマネープランの策定

IFAの仕事の1つ目は、ライフプランやマネープランの策定をすることです。IFAは、顧客の希望を聞きながら顧客にあった最善のライフプランやマネープランを策定してくれます。

子どもの学費の貯め方や老後資金の貯め方など、長期に渡ったライフプランやマネープランを策定してくれるので、今後の資金計画が明確になります。

ライフプランやマネープランは長期に渡るものになるので異動のないIFAに相談するメリットは大きいと思います。

銀行や証券会社でもライフプランなどの相談にはのってくれますが、営業員には異動があるので、ライフプランを実行している間に異動になってしまう可能性が非常に高いです。

IFAであれば原則異動がないのでライフプランを策定した後のチェックも定期的に行ってもらうことができます。

株式や投資信託などの具体的な金融商品のアドバイス・仲介

IFAの仕事の2つ目は、株式や投資信託などの具体的な金融商品のアドバイスや仲介を行うことです。

ライフプランなどが決まった後は、策定したライフプランを実現させるために金融商品の利用を検討する必要があります。

IFAは、複数のネット証券と証券仲介契約を結んでいるので具体的な金融商品のアドバイスや仲介を行うことができます。

多くの金融商品が乱立する現在において豊富な専門知識で顧客に最適な金融商品を紹介してくれることは顧客にとって大きなメリットになります。

また金融商品を一度購入したらほったらかしというわけではなく定期的に報告やポートフォリオの見直しの提案もしてくれます。

相続や税務に関する相談

IFAの仕事の3つ目は、相続や税務に関する相談にものってくれることです。IFAの中には税理士や弁護士と提携しているIFAがいます。

税理士や弁護士と提携しているIFAに相談をすれば、金融商品の相談だけでなく相続や税務などより難度の高い相談にものってくれます。

最近、銀行でも相続の相談に力を入れています。代表的な商品が遺言信託です。遺言信託とは、遺言の作成から保管、執行までワンパッケージで行ってくれる商品です。

一見すると良い商品のように見えますが、手数料が高いのと税理士と提携して遺言を作るとはいえ、実際に動くのは銀行員です。

相続についてあまり得意ではない銀行員もいるので、出来上がった遺言に不備があることもあるかもしれません。

その点IFAは相続などの専門知識についても詳しいですし税理士や弁護士と密に連携をして相続対策を行うので信頼感があります。

また一般的に銀行で遺言信託を作成するより安い手数料で相続対策を行うことができます。

ファイナンシャルプランナー(FP)との違い

IFAの特徴について理解頂けたかと思います。しかし、金融業界に詳しい方の中には「FPとIFAの違いって何なの?」と思われる方がいると思います。

IFAとFPの最大の違いは、金融商品の仲介をすることができるかどうかです。IFAは証券仲介の資格があるので株式や投資信託など具体的な商品の仲介をすることができます。

しかし、FPの場合は証券仲介の資格がないので具体的な投資商品の仲介をすることはできません。

IFAもFPもライフプランやマネープランのアドバイスをすることができますが、IFAは更に具体的な投資商品の仲介をすることができます。これがIFAとFPの最大の違いになります。

IFAを利用するデメリット

今までのところでIFAの特徴や仕事内容について説明しました、IFAの利用はメリットが多いですが当然ですがデメリットもあります。

この章ではIFAを利用する際のデメリットについて説明します。

自分で金融商品を購入するより手数料が高い

IFAを利用するデメリットの1つ目は、自分で金融商品を利用するよりも手数料が高いことです。

例えば投資信託の場合、ネット証券を利用して購入すれば多くの投資信託は手数料0%で購入することができます。

しかしIFAに相談をしてIFAを仲介してネット証券で購入する場合、1%程度の手数料が取られることが一般的です。

IFAの相談料になるので当然といえば当然の手数料になりますが、金融商品に詳しくて自分で最善のポートフォリオを組むことができる方に取っては大きな負担に感じるかもしれません。

また、金融商品を保有してからもIFAを利用すると手数料がかかります。一般的には、金融商品総額の1%程度のランニングコストがかかることが一般的です。

これもIFAに定期的に金融商品の状態を管理してもらっているので当然といえば当然ですが、自分で管理できる方に取っては重い手数料に感じるかもしれません。

IFAに当たりハズレがある

IFAを利用するデメリットの2つ目は、IFAには当たりハズレがあることです。一般的にIFAには、金融知識に詳しい人が多いですが、人間が行うことなので当たりはずれは当然あります。

金融知識に詳しくても相性が合わない人もいるでしょう。そのようなIFAにあたってしまった場合は、遠慮なくIFAの変更を行いましょう。

IFAは現在、3,000人以上いるといわれています。これだけの数がいれば必ず自分にあったIFAはいるはずです。

IFAが途中で辞めてしまう可能性がある

IFAを利用するデメリットの3つ目は、IFAが途中で辞めてしまう可能性があることです。IFAには原則異動はありませんが、途中で辞めてしまう可能性はあります。

必ずしも一生涯の付き合いができるとは限らないことも覚えておきましょう。

IFAは今後、投資アドバイザーの中心になる

IFAの今後ですが、投資アドバイス業務の中心になる可能性は大いにあります。現在は投資の相談と聞くと、証券会社や銀行が主になっていますが、証券会社や銀行の投資相談には回転売買など様々な問題があります。

日本の金融リテラシーが上がっていくにつれIFAが投資アドバイス業務の中心になっていくことは十分考えられます。

IFA先進国のアメリカやヨーロッパでは、人生を豊かにするには良い弁護士、良い医者、そして良いIFAが必要だといわれています。

それほどIFAは人生に必須の存在になっているのです。

まとめ

今回は、投資助言業の1つであるIFAについて説明しました。IFAには様々なメリットがあります。

特に証券会社や銀行の意向に関係なく独立性を保持していることは顧客にとって大きな安心感になると思います。

是非今回の記事でIFAに興味を持って頂けたのであれば、実際にIFAに相談してみることをおすすめします。

IFAにいきなり相談するのはハードルが高いと思われている方は、IFAのセミナーに参加してみるのも良いかもしれません。

IFAのセミナーに参加して自分に合いそうなIFAを探すのもおすすめの方法です。