はじめの一歩

【レバレッジとは?】投資用語を初心者さんにやさしく解説

レバレッジとは、”てこの原理”という意味です。英語では、leverageと書きます。よくFX(外国為替証拠金取引)で使われる言葉です。

金融の世界では、レバレッジは一般的なものです。レバレッジがあることによってFXは手元資金が少額でも大きな利益を出すことができます。

しかし、レバレッジは使い方によっては大きな損失を負ってしまう可能性があるものです。

そこで今回はレバレッジのメリットやデメリットについてわかりやすく説明します。ぜひ最後までお付き合いください。

レバレッジとは

レバレッジとは先ほども述べましたがてこの原理の意味です。投資の世界で使われるレバレッジは、手元の資金が少なくても大きな取引をすることができるという意味です。つまり自己資本の〇倍まで取引をすることができるという意味になります。

レバレッジは、 FXだけではなく保険や投資信託・株にも使われています。多くの金融商品に利用されているレバレッジですが、皆さんはレバレッジのメリットやデメリットについてしっかり理解しているでしょうか。次の章からはレバレッジのメリット・デメリットについて詳しく説明していきます。

レバレッジのメリット


レバレッジの最大のメリットは手元資金が少なくても大きな利益を出すことができることです。FXを例にレバレッジのメリットについて説明していきます。

国内FX会社の場合、現在の最大レバレッジは25倍です。つまり自己資金の25倍までの取引をすることができるということです。具体的にどのくらいの利益を出すことができるかみていきましょう。

【参考】一般社団法人金融先物取引業協会:個人顧客を相手方とするFX取引に係る証拠金規制

通常の取引をした場合のシュミレーション

1ドル100円のレートの時に手元資金10万円で米ドル/円の通貨ペアの取引をしたとしましょう。10万円で買うことのできる米ドルは1,000ドルです。

もし1ドル101円の時に円に戻した場合1,000ドル×101円=101,000円になります。

つまり100,000円の投資に対して1,000円の利益が出たことになります。

レバレッジを使って取引をした場合のシュミレーション

もしレバレッジ25倍でこの取引をした場合どのようになるのでしょうか?手元資金10万円×25倍=250万円の取引をすることができることになります。

1ドル100円の時に250万円分をドルに換えると25,000米ドルに換えることができます。この25,000米ドルを1ドル101円の時に戻した場合2,525,000円になります。

つまり手元資金100,000円で、25,000円の利益が出たことになります。

レバレッジをかけないと10万円の自己資金で出すことができる利益は1,000円ですがレバレッジをかけることによって25,000円もの利益を出すことができるのです。

このレバレッジがあるからこそFXでは多くの億万長者が誕生しているのです。

投資信託でもレバレッジが使われている

またレバレッジはFXだけで使われているわけではありません。FX同様に投資信託や保険・株でも使われています。

投資信託の場合、レバレッジが使われている代表的な商品はブルベア投信です。ブルベアの投資信託とは主に日経平均株価に連動する商品で使われています。

通常のインデックスファンドの2倍から5倍程度のレバレッジをかけることができるのでブルの場合、日経平均株価が上昇すればその分大きく利益を出すことができます。ちなみにベアの場合は日経平均株価が下がると利益が出る商品です。

保険でもレバレッジが使われている

保険は多くの人が利用している金融商品ですが、少ない保険料で大きな保険金を受け取ることができるので保険もある意味レバレッジ効果の恩恵を受けることができる商品です。

株でもレバレッジが使われている

株の場合は信用取引でレバレッジ効果を受けることができます。信用取引とは自己資金を担保にして証券会社からお金を借りて行う取引のことをいいます。手元資金の3.3倍の取引をすることができますので、自分が保有している株式が上昇すれば大きな利益を得ることができるのです。

信用取引とは?投資初心者さんに分かりやすく解説します株式の購入方法は主に2つあります。1つ目は、手元資金の範囲内で株式を入する現物取引、2つ目の方法は、証券会社から借金をして行う信用取引です。 実は信用取引の方が、株式取引では一般的な取引です。今回は信用取引について詳しく説明します。...

このようにたくさんの金融商品にレバレッジが使われています。レバレッジがあるからこそ少ない金額で大きな利益を出すことができるのです。

レバレッジのデメリット


手元資金が少なくても大きな利益を出すことができるレバレッジですが、当然デメリットはあります。レバレッジの主なデメリットは2つです。

  • あっという間に資金がなくなる可能性がある
  • 資金管理が難しい

それぞれのデメリットについて詳しく説明していきます。

あっという間に資金がなくなる可能性がある

レバレッジは手元資金が少なくても大きな利益を出すことができるとても優れた機能ですが、逆にいうと損失の幅も非常に大きくなる仕組みです。

先程の1ドル100円のケースで10万円で取引した場合の例で説明すると、確かに自分の予想通りの方向に為替が動けば大きな利益を得ることができます。

しかし予想外の方向に為替が動くと大きくマイナスを出してしまうことになります。先程のケースの場合1ドル101円になれば25,000円の利益を得ることができますが逆に99円になってしまうと25,000円のマイナスということになります。

自己資金10万円で25,000円の損失なので実に元本の4分の1がなくなってしまうことになります。

高いレバレッジをかけすぎるとあっという間に元本がなくなってしまう可能性があるのです。

資金管理が難しい

レバレッジは大きな利益を出すことができますが大きな損失を被ってしまう可能性がありますので、よほどしっかり資金管理をしないと借金をしてしまうことになりかねません。

負けが込んでくると手元資金を大きくして短期間で取り戻そうとするのが人間の心理です。手元資金を大きくするのに手っ取り早いのが借金をすることです。

最近は消費者金融や銀行のカードローンなどで本当に簡単にお金を借りることができます。資金管理をしっかりしていないと借金をしてしまうことにつながります。

借金でレバレッジをかけて運用をしてしまうとまず間違いなく大損をすることになります。なぜなら冷静に取引することができないからです。

冷静に取引していても負けるのに、冷静に取引しないで勝てるはずがありません。

負けが重なって冷静さを失うのとは逆に、短期間で大きな利益を出したことによって金銭感覚が狂ってしまうこともあります。毎月の給料を1日で稼ぐこともできてしまうことがあるので、しっかりとした金銭感覚と投資知識を持っていないと、お金の使い方が派手になり結果的に大負けしてしまう可能性もあるのです。

株式投資で大損してしまう理由と注意するべき3つのこと株式投資は、情報も多く少額から始めることができるので資産運用の第一歩としては初心者にも適している投資方法です。しかしやり方を間違ってしまうと、想定外の大損をしてしまうこともあります。投資で大損してしまう主な理由と、株式投資で大損しないための方法について3つ紹介します。...

レバレッジをうまく使いこなすには損切りが大事


レバレッジは両刃の剣であるということができます。大きな利益を出す一方で大きな損失を出してしまう可能性もあるからです。レバレッジとうまく付き合うには損切りをしっかりすることが非常に大切です。

FXにはロスカットという強制決済システムがありますが、ロスカットを何度も行っていてはあっという間に資金は底を尽きてしまいます。

損切りをしっかり行うことができればレバレッジで致命的なダメージを受ける事はないでしょう。

損切りの判断はつらいものですが、レバレッジを使いこなすには損切りの技術は欠かすことができません。

また手元資金に不相応なレバレッジをかけて取引をしてしまってもいけません。先程のケースのように10万円の資金で25倍のレバレッジをかけて取引をする事は自殺行為です。FX会社によってはレバレッジの調整ができる会社もありますのでまずは低レバレッジから始めるようにしましょう。

追証(おいしょう)を無視するとどうなる?初めての信用取引追証とは、「おいしょう」と読みます。追証は、追加証拠金のことで、株式の信用取引やFX取引などで発生する事象になります。相場が急落すると追証の話題がよく出てきます。長く株式の信用取引やFX取引をしている方は追証について良く理解していると思いますが、投資初心者の方にはあまり馴染みがないかもしれません。そこで今回は、追証について詳しく説明します。...

まとめ

今回はレバレッジについて説明しました。レバレッジがあるからこそ少ない手元資金で利益を出せる事は間違いないですがレバレッジにはリスクもあります。

レバレッジによって人生を狂わせてしまう可能性も十分にあるのです。レバレッジとうまく付き合うためには自分を律することが何よりも大切です。今回の記事でレバレッジのメリットとレバレッジの恐ろしさについて理解していただければ幸いです。

FXセミナー

セミナー情報ドットコムでFXセミナーを探す

FXは少額からはじめられ、高いリターンを期待できる反面、高い損失にもつながる投資手法です。大きな損失を避け、しっかりと利益を出せるようしっかりと勉強しましょう。当サイトではFXのプロが教えるセミナーを紹介しています。