株式投資を学ぶ

日経225(日経平均株価)とは?構成銘柄一覧も公開

日経平均株価については経済に詳しくない方でもほとんどの方が一度は聞いたことがある株価指標であると思います。

日本で株価といえば真っ先に日経平均株価を思い浮かべる方は多いのでは無いでしょうか?

日経平均株価はTVニュースでも必ずといっていいほど流れますし、大きな動きがあるとネットニュースのトップに来ることもあります。

多くの方にとって非常に馴染みのある日経平均株価ですが、「日経平均株価について詳しく教えてほしい」といわれたら多くの方は困るのではないでしょうか?

多くの方に馴染みがあるのに、詳しい内容についてはあまり知られていない日経平均株価について、今回は構成銘柄などを含めて詳しく説明します。

この記事を読めば、日経平均株価について聞かれたとしても、説明できるようになります。

日経平均株価とは

日経平均株価とは日本経済新聞社が算出している株価になります。日本を代表する企業225社の株価集合体になります。

日経平均株価に採用される銘柄は、東京証券取引所1部に上場されている225社のみです。東証全体では、3,700社を超える企業が上場されているので日経平均株価に採用されている会社はまさに日本を代表する会社であるということができます。

この日経平均株価ですが、1949年からある株価指数になります。当然ですが銘柄の入れ替えは行っています。今から約70年前にできた株価指数なので、当初採用されていた銘柄が衰退してしまうことはよくあります。

また存続している会社でも経済情勢が大きく変わり日本を代表する会社とはいえない会社も出てきました。よって日経平均株価に採用される銘柄は1年に1回見直されることになっています。

直近では、2019年10月1日今まで採用されていた東京ドームからエムスリーといった会社に銘柄変更が行われています。

銘柄変更の理由は、市場流動性の観点からで業種セクター間の銘柄数の過不足調整によりエムスリーが採用されることになりました。

また2015年には、プロ野球球団・横浜ベイスターズを買収して一躍有名になった、DeNAが日経平均株価に採用されています。

このように日経平均株価は経済情勢に合わせて銘柄変更を行っているのです。

銘柄変更は先ほど1年に1回行われると説明しましたが、不祥事による上場廃止や倒産してしまった場合などに関しても入れ替わりが起こることになっています。

富士山と桜
100年企業とは?日本に長寿企業が多い理由と投資するメリット日本は海外と比べて長寿企業が多いことで有名です。日本の証券取引所に上場しているのは約3700社ですが、そのうち約560社が100年企業で(2020年6月時点)、約15%を100年企業が占めている状態です。この記事では、100年企業に投資するメリット・デメリットも解説します。株式の銘柄選びに役立ててください。...

日経平均株価に採用されると株価はどうなるのか?

では日経平均株価に採用された銘柄の株価はどのような動きをするのでしょうか?一般的には上昇することが多いです。

何故日経平均株価に採用されると採用された銘柄の株価が上昇するかというと、2つの大きな理由があります。

日経平均株価に採用されることで信用力が高まる

日経平均株価に採用された銘柄の株価が上昇しやすい理由の1つ目は、日経平均株価にさいようされると企業の信用力が高まることです。

先ほど説明した通り東証に上場されている企業数は3,700社に及びます。日本全体の企業数は大企業・中小企業の合計で約380万社です。

この380万社のうち東証に上場している会社はわずか3,700社なのです。この3,700社でも十分すごいですが、日経平均株価に採用されている銘柄はわずか225社です。

いかに日本を代表する企業の集まりであるかが分かって頂けるかと思います。

投資信託などに日経平均株価に投資されているものが多い

日経平均株価に採用された銘柄の株価が上昇しやすい理由の2つ目は、日経平均株価は投資信託などで販売されているものが多いことです。

皆さんも日経225などの投資信託を聞いたことがあるのではないでしょうか?日経平均株価に連動するシンプルな商品性がウケて、多くのお金を集めているファンドになります。

日経平均株価に連動する投資信託は数多く発売されているので、必然的に日経平均株価に採用されている銘柄には投資信託を通して多くの買いが入ります。

たくさんの投資家に買ってもらうことができるので日経平均株価に採用された銘柄は上昇しやすいのです。

しかし逆にいうと日経平均株価に採用された銘柄が採用から外されてしまうと説明したことの逆のことが起きることになります。

日経平均株価に採用された企業は、日経平均株価の採用を外されたくないことがよく分かると思います。

日経平均株価の問題点

日本を代表する株価指数である日経平均株価ですが、残念ながら多くの問題点がある指数でもあります。日経平均株価の主な問題点は2つあります。

 

値上がりした銘柄が採用され値下がりした銘柄が対象から外される傾向

 

日経平均株価の問題点の1つ目は、値上がりした銘柄が採用され値下がりした銘柄が対象から外される傾向にあることです。

日経平均株価の採用銘柄に欲しい企業は今後成長見込みがある企業です。一方、除外した企業は、時代の流れに合わない斜陽産業の銘柄です。

一見すると当たり前のことのように思われるかもしれませんが、今後の値上がりが見込まれる企業を採用することはリスクが高いのです。

何故ならいくら成長産業といっても実績が乏しい会社を日経平均株価に採用してしまうと、不祥事による上場廃止リスクや倒産リスクが、成熟企業に比べて高くなってしまうからです。

このようなリスクを避けたいため、日経平均株価に採用される頃には、株価が上がりきっていることもよくあります。

これでは、株価の急上昇は望めず、日経平均株価の大きな上昇にはつながりません。未だに1989年に付けた過去最高値である、38,957円を超えることができない大きな原因は日経平均株価の採用方針にあるのかもしれません。

現に東証に上場されているすべての会社の時価総額の総額は、日経平均株価が38,957円を付けた時よりも大きくなっています。時価総額は大きくなっているのに日経平均株価が上がらないことに関してはいかがなものかと個人的には思います。

日経平均株価は、世界の投資家も日本の株価と捉えているので、30年以上も最高値を更新できないことは日本経済にとって大きなマイナスでは無いでしょうか?

ちなみにアメリカの代表的な株価指数であるニューヨークダウは過去最高値を連日更新をしています。

このような景気の良いニュースがあると資金がどちらに向くかは一目瞭然であると思います。

特定の銘柄の値動きの影響が大きすぎる

日経平均株価の問題点の2つ目は、特定の銘柄の値動きの影響が大きすぎるということです。

日経平均株価には225社が採用されいますがすべての株式の株価が同じように日経平均株価に寄与している訳ではありません。

寄与度が大きい株のことを値嵩株といいますが、日経平均株価で寄与度が大きい値嵩株は、ソフトバンクグループ、ファーストリテイリング、ファナックの3社になります。

日によってはこの3社だけで日経平均株価の寄与度は10%を超えることがあるので、特定の銘柄の影響が大きすぎることも日経平均株価の大きな問題点です。

アメリカの証券取引所
米国株は日本株より利益が出やすい?日本株ではなかなか利益が難しいと思っている投資家もいるはずです。しかし海外に目を向けてみると、大きく上昇している株式市場は数多く存在します。米国株は成長が期待できる企業が多く、株価の値上がりも日本株に比べて大きい銘柄が多いのでおすすめできる投資対象です。今回は米株について解説します。...

日経平均株価一覧

この章では日経平均株価に採用されている225社について記載しておきます。どの企業も効き馴染みのある会社ばかりであると思います。

銘柄名 銘柄コード
あおぞら銀行 8304
旭化成 3407
アサヒグループHD 2502
味の素 2802
アステラス製薬 4503
アドバンテスト 6857
アマダHD 6113
アルプスアルパイン 6770
イオン 8267
いすゞ自動車 7202
出光興産 5019
伊藤忠商事 8001
宇部興産 4208
エーザイ 4523
AGC 5201
ANA HD 9202
NTN 6472
NTTデータ 9613
NTTドコモ 9437
荏原製作所 6361
MS&ADインシュアランスGHD 8725
オークマ 6103
大阪ガス 9532
王子HD 3861
大塚HD 4578
大林組 1802
沖電気工業 6703
小田急電鉄 9007
オムロン 6645
オリンパス 7733
花王 4452
カシオ計算機 6952
鹿島建設 1812
川崎汽船 9107
川崎重工業 7012
関西電力 9503
キッコーマン 2801
キヤノン 7751
京セラ 6971
協和キリン 4151
キリンHD 2503
クボタ 6326
クラレ 3405
クレディセゾン 8253
京王電鉄 9008
京成電鉄 9009
KDDI 9433
神戸製鋼所 5406
国際石油開発帝石 1605
コナミHD 9766
コニカミノルタ 4902
小松製作所 6301
コムシスHD 1721
コンコルディア・FG 7186
サイバーエージェント 4751
サッポロ HD 2501
SUMCO 3436
ジーエス・ユアサ Co 6674
JFE HD 5411
JXTG HD 5020
ジェイテクト 6473
J.フロントリテイリング 3086
塩野義製薬 4507
静岡銀行 8355
資生堂 4911
シチズン時計 7762
清水建設 1803
商船三井 9104
昭和電工 4004
信越化学工業 4063
新生銀行 8303
新日鐵住金 5401
スカパーJSAT HD 9412
SCREEN HD 7735
スズキ 7269
SUBARU 7270
住友大阪セメント 5232
住友化学 4005
住友金属鉱山 5713
住友重機械工業 6302
住友商事 8053
住友電気工業 5802
住友不動産 8830
セイコーエプソン 6724
積水ハウス 1928
セコム 9735
Zホールディングス 4689
セブン&アイ・HD 3382
双日 2768
ソニー 6758
ソニーフィナンシャルHD 8729
ソフトバンクグループ 9984
SOMPO HD 8630
第一三共 4568
第一生命HD 8750
ダイキン工業 6367
大成建設 1801
大日本印刷 7912
大日本住友製薬 4506
大平洋金属 5541
太平洋セメント 5233
太陽誘電 6976
大和ハウス工業 1925
大和証券グループ本社 8601
高島屋 8233
宝HD 2531
武田薬品工業 4502
千葉銀行 8331
中外製薬 4519
中部電力 9502
T&D HD 8795
ディー・エヌ・エー 2432
帝人 3401
TDK 6762
DIC 4631
テルモ 4543
デンカ 4061
デンソー 6902
電通 4324
東海カーボン 5301
東海旅客鉄道 9022
東急不動産HD 3289
東京エレクトロン 8035
東京海上HD 8766
東京ガス 9531
東急 9005
東京建物 8804
東京電力HD 9501
東京ドーム 9681
東ソー 4042
TOTO 5332
東武鉄道 9001
東宝 9602
東邦亜鉛 5707
東洋製罐グループHD 5901
東洋紡 3101
東レ 3402
DOWA HD 5714
トクヤマ 4043
凸版印刷 7911
トヨタ自動車 7203
豊田通商 8015
トレンドマイクロ 4704
ニコン 7731
西日本旅客鉄道 9021
ニチレイ 2871
日揮 1963
日産化学 4021
日産自動車 7201
日清製粉グループ本社 2002
日清紡HD 3105
日東電工 6988
日本板硝子 5202
日本ガイシ 5333
日本化薬 4272
日本軽金属HD 5703
日本水産 1332
日本精工 6471
日本製紙 3863
日本製鋼所 5631
日本曹達 4041
日本たばこ産業 2914
日本通運 9062
日本電気 6701
日本電気硝子 5214
日本電信電話 9432
日本ハム 2282
日本郵政 6178
日本郵船 9101
野村HD 8604
長谷工コーポレーション 1808
パナソニック 6752
バンダイナムコ HD 7832
東日本旅客鉄道 9020
日立建機 6305
日立製作所 6501
日立造船 7004
日野自動車 7205
ファーストリテイリング 9983
ファナック 6954
ファミリーマート 8028
ふくおかFG 8354
フジクラ 5803
富士通 6702
富士電機 6504
富士フイルムHD 4901
ブリヂストン 5108
古河電気工業 5801
本田技研工業 7267
松井証券 8628
マツダ 7261
丸井グループ 8252
マルハニチロ 1333
丸紅 8002
みずほFG 8411
三井E&S HD 7003
三井化学 4183
三井金属鉱業 5706
三井住友トラスト・HD 8309
三井住友FG 8316
三井物産 8031
三井不動産 8801
三越伊勢丹HD 3099
三菱ケミカルHD 4188
三菱自動車工業 7211
三菱重工業 7011
三菱商事 8058
三菱倉庫 9301
三菱地所 8802
三菱電機 6503
三菱マテリアル 5711
三菱UFJ FG 8306
ミネベアミツミ 6479
明治HD 2269
安川電機 6506
ヤマトHD 9064
ヤマハ 7951
ヤマハ発動機 7272
ユニチカ 3103
横河電機 6841
横浜ゴム 5101
リクルートHD 6098
リコー 7752
りそなHD 8308
ミューチュアルファンドとは?日本人には投資できない?ミューチュアルファンド(Mutual fund)とは、米国で普及している投資信託なので、海外に投資したい方に理解しておいていただきたい用語です。また、似たような商品で国内でも買えるETFについても解説していきます。海外への投資を始める方は、自分に合った商品選びの参考にしていただければと思います。...

まとめ

今回は日経平均株価について銘柄を中心に説明しました。日経平均株価については知らない方はいないと思いますが、日経平均株価について詳しく知っている方は意外と少ないのではないでしょうか?

是非今回の記事を参考に日経平均株価について理解を深めて頂ければ幸いです。

株式投資セミナー

セミナー情報ドットコムで株式投資セミナーを探す

株式投資セミナーをお探しですか?株式投資にはリスクがつきもの、うまくいかないと泣き寝入りする前にしっかりと知識をつけませんか?テクニカルから注意点、トレンドまで株式投資のプロフェッショナルによるセミナーを紹介します。