株式投資を学ぶ

全天候型ポートフォリオ考案者がコロナショックを踏まえ奨めたい事

分散投資

運用環境が良いときも悪いときも、投資で利益を出せるようになるのが、投資家にとって理想の状態です。

景気が良くて株価などが右肩上がりのときは、誰でも儲けやすいのですが、景気が悪くなると儲けにくくなってしまいます。最悪の場合、大損して投資を辞めざるを得ない「退場」の状態になってしまう可能性もあります。

しかし、レイ・ダリオが考案した「全天候型ポートフォリオ」を取り入れれば、景気の悪化に耐えて生き残れる可能性が高くなります。

この記事では全天候型ポートフォリオの内訳や、日本の個人投資家がどのように全天候型ポートフォリオを取り入れたら良いのかを解説していきます。

全天候型ポートフォリオは分散投資

分散投資のイラスト
「全天候型ポートフォリオ」と難しそうな名前を使っていますが、簡単に言い換えれば「分散投資」です。さまざまな商品を組み合わせることで弱点を補い合い、安定したポートフォリオを作りましょう、という内容だと思っていただければ十分です。

とはいえ、目的が無い状態でとにかく何でもかんでも分散すれば良い、というものではありません。何のために分散投資をするのか、目的を考えないと、投資する商品を間違えてしまうからです。

そこで、考案者のレイ・ダリオは「全天候に備える」という目的を掲げ、全天候型ポートフォリオを考案しました。どんなポートフォリオなのか、コンセプトを詳しく学んでいきましょう。

全天候型ポートフォリオのコンセプト

全天候型ポートフォリオは、凄腕のファンドマネージャーであるレイ・ダリオが考案したポートフォリオです。レイ・ダリオはアメリカの有名ヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエイツの創業者でもあります。

彼は投資している資産に影響する4つの要素を「4つの天候」とし、どんな天候でも乗り切れるポートフォリオを提唱しています。それが「全天候型ポートフォリオ」です。

レイ・ダリオが考える4つの天候とは、以下の4種類の経済の状態のことです。

・インフレ
・デフレ
・経済成長
・マイナス成長

インフレとデフレ、経済成長とマイナス成長は、それぞれ反対の関係にあります。どんな局面が訪れても良いように、反対の関係にある天候にも備えるポートフォリオを作るべきだ、という考え方なのです。

普通に投資をしていると、「経済成長しているときはプラスの利益が出るけど、マイナス成長のときは損失が出る」という状況になりがちです。これでは、全天候に備えることができておらず、マイナス成長下で退場するリスクが高まってしまいます。

このような状態を改善し、全天候に備えることで、生き残りやすい投資をしていきます。2020年は新型コロナウイルスの影響で株価が暴落する「コロナショック」がありましたが、これからも同様に数多くの金融危機を経験していくはずです。不確実な未来に備えるためにも、全天候型ポートフォリオの作り方を学びましょう。

銘柄選び
株式投資でセクターを意識する。使い方と注意点を徹底解説株式投資の最初のハードルといえば、どの銘柄に投資するか?です。東京証券取引所のデータによると、2020年11月5日現在の上場会社数は3,731社あり、これらを1つずつ見ていくことはとても大変な作業です。実はこのような場合、セクターで分類してみると銘柄が探しやすくなります。今回は株式投資で銘柄分析を効率的に行うために、セクターについて詳しく解説します。...

レイ・ダリオの全天候型ポートフォリオ

レイ・ダリオは、以下のバランスで投資をすると、全天候に備えられるポートフォリオになる、と説いています。

・長期国債:40%
・株式:30%
・中期国債:15%
・金:7.5%
・コモディティ:7.5%

このポートフォリオを見ると、長期と中期あわせて55%が国債であり、ローリスク・ローリターンな国債の比率が高いことが分かります。ハイリスク・ハイリターンの代表格である株式は、30%と少なめです。

以上のポートフォリオが、どうして4つの天候に対応できるのかを解説していきましょう。

インフレへの対策

とコモディティ(原油など)は、インフレになると価格が上がりやすい資産です。現金の価値はインフレ期には下がってしまうので、金とコモディティを組み込むことで、インフレに対応できるポートフォリオになっています。

インフレは物価上昇のことなので、お金の価値よりも物の価値の方が高く上がってしまいます。このような状況では、お金の価値に連動する金融資産より、金や原油など本質が「モノ」である資産の方が価格が上がりやすいのです。

デフレへの対策

デフレのときはインフレと反対で、物の価格が下がります。デフレ時は債券のパフォーマンスが良くなることが知られているため、全天候型ポートフォリオでは国債でデフレ対策をしています。

デフレ期には金利が下がっていきますが、反対に債券の価格は上がります。これを利用して、デフレ期に備えるために国債を組み込んでいるのです。

経済成長への対策

経済成長の恩恵を受けるには、株式を保有するのが一般的です。経済成長期には企業も大きな利益を生むことができるため、配当金や株価の値上がりによる利益を狙うと良いからです。

よって、経済成長期に利益を出すため、全天候型ポートフォリオでは株式を組み込んでいます。

ただし、レイ・ダリオ考案のポートフォリオでは、株式の比率は30%と少なめです。株式は価格の変動が激しいので、大きな割合で取り入れてしまうと、ポートフォリオ全体の価格が日々大きく変動する、というデメリットがあるためです。値動きをマイルドにするため、値動きの大きい株式を少なく、値動きの小さい国債を多く組み込んでいます。

マイナス成長への対策

マイナス成長にも、金やコモディティで対策が取られています。

マイナス成長とは不景気のことだと思っていただければ良く、景気が悪くなると消費が落ち込み、企業は利益を出しにくくなります。そのため、株式は価格が下がりやすいです。

一方、金やコモディティは実体がある「モノ」で、しかも地球上に存在する量が限られているため、株価に比べて価格が下がりにくいです。むしろマイナス成長時は株式のようなリスク性資産が売られ、金やコモディティが買われるので、値上がりしやすいです。

以上のとおり、国債、株式、金、コモディティに分散投資することで、全天候に備えることができます。全天候型ポートフォリオは分散投資の一例ですが、目的を決めて分散投資していることが分かります。

コロナショックを踏まえた補足

さらにレイ・ダリオは、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大と経済への影響を踏まえ、補足する発言をしています。それは、「ドルだけに資産を集中させるのではなく、欧州や中国も加えるべき」という個人投資家へのアドバイスです。

アメリカ人に向けた発言なのでドルが基準となっていますが、日本人向けに変換するなら「日本円だけでなく、ドルやユーロ、中国の元でも資産を持っておくと良い」といったところでしょう。

すなわち、「日本の株式や国債だけでなく、海外の株式や国債も取り入れた方が良い」と解釈できます。投資をするときは商品を分散させることに加え、投資先の国も分散できればベストです。先進国の債券や米国株式であれば、国内の証券会社でも取り扱いが増えてきているので、投資しやすくなってきています。

まずは国債、株式、金に分散投資せよ

レイ・ダリオが考案した全天候型ポートフォリオについて解説してきました。

基本的なアイディアは、「分散投資をすることで、どんな局面でも大損しにくいポートフォリオを作りましょう」という投資方法です。

相場の特徴を4つに分け、どの天候にも備えることを目標に、分散投資を理論化したのがレイ・ダリオの功績と言えるでしょう。

日本でも、全天候型ポートフォリオで運用することはできます。原油への投資は馴染みがなく難しいかもしれないので、まずは国債、株式、金に分散させて投資をしてみましょう

株式投資セミナーでは、取引に関する基礎的な知識のほか、プロのトレーダーや熟練のアナリストから最新のトピックスについても情報を得ることができます。オンラインで受講できるセミナーも増えましたので、まずはセミナーに参加することから投資人生の第一歩を踏み出しましょう。

株式投資セミナー

株式投資セミナーをお探しですか?株式投資にはリスクがつきもの、うまくいかないと泣き寝入りする前にしっかりと知識をつけませんか?テクニカルから注意点、トレンドまで株式投資のプロフェッショナルによるセミナーを紹介します。

株式投資セミナーを探す

IT会社の投資メディア担当
伊藤
元々は仕事で始めたが、めっきり夢中。 日本株、米株、ETFに投資している。 ミニチュアダックスと夫と3人暮らし。