はじめの一歩

女性が投資に向いている理由

ランチを楽しむ女性たち

投資に興味があっても、周りにやっている人がいないので、怖くて一歩を踏み出せない女性の方は多いです。

というのも、日本では投資をしている人は投資をしていない人に比べて少数です。しかも、投資家の性別は男性の方が多く、女性は少ない傾向にあります。投資をしている女性が周りになく、自分も始めるきっかけをつかめない方が多いのは当然と言えます。

しかし、実は投資は男性よりも女性の方が向いていると言われています。どうして女性の方が向いているのかが分かれば、投資を始める勇気が出てくるのではないでしょうか。

この記事では、どうして女性が投資に向いているのかを解説していきます。仕事や節約だけでなく、投資でもお金を稼げるようになって、理想の生活を引き寄せましょう

「女性に投資は向いていない」は間違い

男性と女性のどちらが投資に向いているかを尋ねると、ほとんどの人が「男性の方が向いている」と答えるそうです。実際、世界的な投資会社であるフィデリティ・インターナショナルの調査では、「女性の方が投資に向いている」と答えたのはわずか9%以下で、非常に少なかったのです。

多くの人は「投資は男性の方が向いている」と思っているのですが、これには科学的な根拠はありません。金融機関で活躍しているトレーダーには男性が多いイメージがあるため、「投資は男性のもの」というバイアスがかかっているだけです。

職業の男女平等も法律上では実現していますが、現実には男女間には大きな格差があります。金融機関でトレードをする高級取りの多くは男性で、同じ会社に勤める人でも女性はコピー取りなどのアシスタントの仕事をあたえられている、というケースが多いのです。

このような現状のため、結果的に投資で成果を上げているのは主に男性であるかのように見えています。

しかし、以上を見ても分かるとおり、「男性が女性よりも投資に向いている」という考えには科学的な根拠がありません。今のところ、世界には男性トレーダーの方が多い状態になっているだけなのです。

女性の一般的な傾向を見ていくと、むしろ女性の方が投資に向いているのではないか、とも考えられます。次の章では、なぜ女性は投資に向いているのか理由を解説していきます。

投資が女性に向いている理由

一般的な傾向として、以下の2つの特徴のため、女性は投資に向いていると言われています。

1. 自信過剰になりにくい
2. 感情に左右されにくい

どのような特徴なのか、詳しく解説していきましょう。

自信過剰になりにくい

女性は自信過剰になりにくく、自分を自分で利することができる人が多いので、投資に向いていると言われています。自信過剰になってトレードすると、投資に失敗しやすいためです。

自信過剰な性格の人は、自分の運を過信してしまい、投資に失敗しやすいです。なぜなら、投資は何に投資するかを考える銘柄選びが重要ですが、適当に選んでも当たることがあるからです。適当に選んだ銘柄で利益が出ると、「自分には投資の才能がある」と勘違いし、次も適当に銘柄を選んでしまいます。

運良く何回か連続で成功したとしても、いつかは失敗します。それでも銘柄選びで失敗したことを自覚して、すぐに決済して損切りできれば良いのですが、自信過剰な人はそうはいきません。

自分には才能があると勘違いしているので、「今は損失が出ているけど、自分が選んだ銘柄なら絶対大丈夫」と思い込んでしまい、損切りに踏み切れないのです。結果として損切りが大幅に遅れ、大損してしまいます。

自信過剰なタイプは、一般的には男性に多く、女性に少ない傾向があります。そのため、女性は投資に向いていると言われるのです。

女性は石橋を叩いて渡るような安全志向の方が多いので、自分を過信する人が少ないのです。安全志向すぎると投資で大きな利益は狙いにくいのですが、女性はローリスク・ローリターンでコツコツ稼げる堅実的なタイプと言えます。

株式投資で大損してしまう理由と注意するべき3つのこと株式投資は、情報も多く少額から始めることができるので資産運用の第一歩としては初心者にも適している投資方法です。しかしやり方を間違ってしまうと、想定外の大損をしてしまうこともあります。投資で大損してしまう主な理由と、株式投資で大損しないための方法について3つ紹介します。...

感情に左右されにくい

意外かもしれませんが、女性の方が感情に左右されず冷静に判断できる傾向があります。そのため、投資に向いていると言われています。

というのも、投資は感情に左右されず、あらかじめ定めたルールに従って取引することが肝心だからです。トレードのルールがきまっていないと、本人はよく分析できているつもりでも、どうしても場当たり的な投資になってしまうからです。

投資で利益の出にくい行動の1つが、「相場が上昇しているときに買い、下降しているときに売ること」です。値上がりしているときはウキウキしながら買い、値下がりし始めると慌てて売却する、という相場に翻弄された行動です。言い換えると株式などの商品を「高く買って安く売る」ことであり、儲けを出すことができません。

相場に翻弄されないためには、どんなときもあらかじめ決めておいたルールに則って取引することです。男性よりも女性の方が感情に左右されず、ルールに忠実な傾向があるため、投資に向いていると言えるのです。

男性は理性的、女性は感情的と言われることがありますが、投資においては逆になる傾向があるようです。

株価の下落にパニックになる女性
狼狽(ろうばい)売りとは?投資初心者が避けるべき理由相場の急な変化で株価が急減して心理的パニックを起こし、保有している株を売却してしまうことを「狼狽(ろうばい)売り」といいます。株式投資で成功するためには、この狼狽売りを繰り返さないことがとても大切です。今回は、狼狽売りを繰り返さないための方法や損切りとの違いについて詳しくお伝えしていきます。...

女性におすすめの投資方法

これから投資を始める女性の方におすすめの投資方法を3つ紹介していきます。

1. 投資信託
2. 株式投資
3. ポイント投資

どれも1000円以下と少額で始めることができるので、慎重な女性におすすめです。投資で失敗するのが怖い方も、一歩を踏み出せるのではないでしょうか。

投資信託

投資信託は、投資会社にお金を預け、代わりに運用してもらう商品です。プロに運用してもらえるので、初心者でも失敗しにくいメリットがあります。

インターネット証券会社では100円から投資信託に投資することができます。ワンコインで気軽に始められるので、投資に対して怖いイメージがある方や失敗して大損するのが怖い方にもおすすめです。100円を投資した場合、失敗しても100円を超える損失になることは無いので、気軽に投資することができます

株式投資

株式投資は、企業の株式を買って出資することです。利益の出し方は以下の3種類があります。

1. 値上がり益
2. 配当金
3. 株主優待

1つめの値上がり益は、株価の変動を利用して株式を安く買って高く売ることで、差額を儲けとすることです。

2つめの配当金は、企業からもらえる不労所得です。企業は利益の一部を配当金として株主に支払うので、定期的に不労所得をもらえます。

3つめの株主優待は、一部の企業が導入しているシステムです。自社製品やサービスの割引券を株主に配っているので、お金ではありませんが、モノやサービスという形で利益を得られます。

値上がり益や配当金で利益を獲得しながら、株主優待を使って生活費の節約もできることが、株式投資のメリットと言えます。

株式投資は従来は10万円前後の資金が必要でしたが、最近は500円前後でも始められるようになってきています。

⇒夢の配当生活!つらい仕事から解放される方法はこちらをチェック!

ポイント投資

ポイント投資は、ネットショッピングやクレジットカードの利用によって貯まるポイントを投資できるサービスです。ポイントを使い、上述の投資信託や株式を買うことができます。

ポイント投資のメリットは、自分の現金を使わなくても投資ができることです

投資には大なり小なりリスクがあるので、お金が減ってしまう可能性もあります。100円などの少額投資でも、減ってしまうリスクがあるなら嫌だ、と感じる方も多いでしょう。

しかし、ポイントなら現金よりも気軽に投資できます。自分の現金を使わなくても投資ができるので、投資に怖さを感じている人におすすめです。

投資は女性に向いている

女性は自信過剰になりにくく、堅実を好む人が多いため、実は投資に向いている傾向があります。紹介した商品を使って、少額で投資を始めてみてはいかがでしょうか。
投資仲間ができると投資へのモチベーションに繋がります。

セミナーに参加をして知識を増やしつつ、一緒に情報交換ができる仲間をつくってみるのもおすすめです。

女性におすすめ!投資セミナー

投資全般のセミナーをご紹介しています。株式・先物・為替・不動産投資・投資信託など気になる投資スタイルをカテゴリー別に勉強する事ができます。

女性におすすめ!投資セミナーを探す

少額からはじめる空き家不動産投資の秘訣
IT会社の投資メディア担当
伊藤
元々は仕事で始めたが、めっきり夢中。 日本株、米株、ETFに投資している。 ミニチュアダックスと夫と3人暮らし。